マグネシウムダイカスト、LED軽量化、照明放熱の株式会社STG

ダイバーシティ経営企業100選

STG沿革

HOME > グループ概要 > STG沿革

沿革

内容
1966年 ホーニング加工開始
1976年 旭工精株式会社様と取引開始 ALダイカストの仕上加工開始
1982年 有限会社三輝ブラスト登記 ビデオブームで売り上げ大幅アップ
1984年 新社屋完成 資本金10,000千円に増資
1986年 検査部門内製化 (有限会社サンケン設立)
資本金13,000千円に増資
1991年 社宅購入
1994年 このころ主力のビデオ部品が海外との強烈な価格競争に巻き込まれる
1995年 株式会社に変更
1996年 Panasonic PC が大幅に Mg 合金を使用
1997年 SonyノートPC VAIO 生産開始
1998年 Mg粉塵爆発対策として湿式集塵機開発開始 半年後販売
サンケン 資本金6,000千円に増資 関東の拠点工場としてCBC
TOSEIとともにMg製品の一貫工場を静岡 県三島市に設立
1999年 三島工場機械加工内製化開始
2000年 三島工場携帯電話筐体生産開始
本社工場機械加工内製化開始
本社 ISO-9000認証取得
自社開発集塵機等海外輸出開始
2002年 CBC-TOSEI 閉鎖
日刊工業新聞社発行「大阪優良 100社」に選ばれ る
本社 NC増設 3台
2003年 三島工場 NC増設 2台
ISO-9001認証取得 (両工場)
2004年 両工場に三次元測定器導入
大阪府立大学と新事業共同開発スタート
三島工場 沼津市小諏訪 938-1 に移転
本社工場 八尾市山賀町 6-82-2 に移転
2005年 自動車部品の機械加工開始
2006年 FUNUC ROBODORILL 14iELe 5台設備増強
本社工場 NC7台増設
三島工場 NC7台増設
中国 広東省深圳市に進出(又貸し工場)
三輝特殊技研(香港)有限公司設立。中国深圳工場操業開始
2007年 株式会社三輝ブラスト、株式会社サンケン合併
株式会社三輝ブラスト、株式会社サンケンの合併に伴い組織を変更
5S見える化推進委員会事務局を設置
経営支援革新が認定
2008年 中国工場で、バリ取り業務・マグネシウム部品・マグネシウム加工の冶具の製作を開始しました
2009年 大阪府知事より『大阪ものつくり優良企業賞』受賞
2010年 株式会社TOSEIを子会社化
2011年 5,800万に増資
2011年9月 タイ国アユタヤ県サハラタナナコン工業団地にてサンキ・イースタン(タイランド)株式会社を設立
2012年 7,800万に増資
2012年5月 サンキ・イースタン(タイランド)株式会社操業開始
2012年8月 資本金1億3百万に増資
2012年 サンキ・イースタン(タイランド)株式会社、70,000,000THBに増資
2014年 資本金 1億3300万円に増資
2014年 全拠点ISO取得
2015年3月 経済産業省ダイバーシティ経営企業100選に選ばれる
2015年3月 資本金を1億4800万円に増資
2015年4月 (株)TOSEIを吸収合併 社名を株式会社STGに変更する
2015年7月 資本金を1億8000万円に増資
2015年11月 資本金を2億502万円に増資
2016年9月 近畿経済産業局 「経営力向上計画」 認定
2017年2月 「バレルック」ブラスト装置 実用新案(第3208678号) 登録
ジャパンベンチャーアワード(JVA)2017 中小機構理事長賞(日本全国3位) 受賞
2017年9月 大阪府経営合理化協会「第10回経営合理化大賞」
『フジサンケイビジネスアイ賞』 受賞

製品・サービスに関するお問い合わせ

弊社製品・サービスに関するお問い合わせは、
電話、またはメールでお気軽にお問い合わせください。
採用のお問い合わせも随時受け付けています。

お問い合わせ

ページトップ