マグネシウムダイカスト、LED軽量化、照明放熱の株式会社STG

ダイバーシティ経営企業100選

STGの強み

HOME > STGの強み > 製造立地

製造立地

STGでは、製造拠点のグローバル化にいち早く対応しています。
国内2拠点に加え、中国に2拠点、タイ、マレーシアに1拠点を設け、国内外の幅広いニーズに対応していきます。

STGは、日本・中国・タイ・マレーシアの4ヵ国に生産拠点を持ち、国内外の幅広いニーズに対応しています。
核となる日本の拠点は、Mg生産において製造ノウハウを有する中心的存在です。製造に対する問い合わせは日系企業が多く、同拠点は営業の核ともなり得る存在です。要求精度が高い製品やロットの少ない付加価値製品は、日本での生産を勧め、ロットの大きい低コスト製品や納品先が海外の場合は、調達・物流メリットを考慮した上で、生産を海外に依頼するケースが多々あります。 このことで、お客さまの要望に合わせた「コミュニケーションパターン」や「デリバリーニーズ」に対応することができます。

  • 国内拠点で打ち合わせやプロトタイプ制作を行い、海外工場で製造を行う。
  • 海外拠点で打ち合わせを行い、国内拠点で小ロット生産を行う。
  • 最寄りの海外拠点で打ち合わせを行い、納品地に近い海外拠点で製造を行う。
  • 最寄りの国内拠点で打ち合わせを行い、納品地に近い国内拠点で製造を行う。

マグネシウムは、外観品質を要求する製品に使用されることが多く、単に機能部分を満足すれば良いという部品とは異なります。従いまして、確かな技術をもった日本人スタッフにより生産の指導が行える日系のダイカスト企業でなければならないと考えております。日本で培った30年余の技術は、同タイプの機械設備があったとしてもマネできるものではなく、金型・製造技術の伝承を中国・タイ・マレーシアのスタッフに指導をすることが、今後の重要なテーマとして取り組んでおります。